「有志者事竟成」

Close

コラムCOLUMN

「有志者事竟成」

【円山校校舎長 井尾 敦】

クラズユニックの校訓は「有志者事竟成」(志(こころざし)ある者(もの)は事(こと)竟(つい)に成(な)る)です。
<解釈>しっかりとした志があれば、必ず最後には成し遂げることができる。

「志」は君たち自身を作る柱となる言葉です。どのような「志」を描くかで、その後の君たちの人生が大きく

変わります。人は思い描いた以上の人にはなれません。そうであれば、大きく描いたほうが得だと思います。

大きく描けば志に向かって大きい努力ができます。そのためには今の自分を変えていくことが重要です。

 

以下は、「野村ノート」(小学館)のP13~14から引用しています。

もとはインドのヒンドゥー教の教えから引用されたようです。

 

心(考え方)が変われば態度が変わる。
態度が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。

 

変われば、新しい自分(未来)が待っています。大学受験も同じです。

今、目標より成績が足りない生徒もいると思いますが、大志を持ち、考え方から変われば大夢も叶います。
困っている人は、近くのクラズユニックの校舎へ!

コラム一覧へ >